気仙沼第一聖書バプテスト教会

追悼記念集会

気仙沼第一聖書バプテスト教会


2012年 3月11日(日)

  東日本大震災(2011年3月11日<金>)から一年が経ちました。 地震に続く津波と火災、そして原発事故。私たちは被害の大きさに驚き、言葉を失いました。愛する家族を失い今もなお悲しみをかかえておられる方がたくさんおられます。希望をなくし困惑しているかたもおられます。私たちは主の御前に涙をもってひたすら祈ってきた一年ではなかったでしょうか。
  被災地にたくさんのボランティアが来て下さり、今も支援が続けられています。また地震がなければ出会うことのなかった兄弟姉妹と良き交わりが与えられて慰められ、励まされ、祈りの輪が広がってきた一年でもあったように思います。
  本日共に集まり追悼集会で祈りを共に捧げられますことを感謝いたします。 気仙沼第一聖書バプテスト教会は大津波により会堂および牧師館が流出してしまいました。会員の中にも家が流出してしまった方が数名おりますし、一人の兄弟が亡くなったことは大きな悲しみでした。また親族を亡くされた方もおられます。教会は印刷工場の一部を借りて礼拝を続けることができました。
  私たちはそれぞれに被害を受けさまざまな困難の中を通りましたが、みことばを通し、交わりを通して信仰が強められています。被災直後より世界中の方々の祈りと支援を受け、励まされてきました。心から感謝申し上げます。その支援などにより市内の仮設住宅など各家庭に物資を届けながら福音の種蒔きを続けております。物資の配布や支援団体の働きを通して、救われる方々が興されています。

  震災後多くの方々がこの跡地に立ち、とりなしの祈りを捧げて下さいました。 この度この跡地に「祈りのセンター」が与えられました。みなさまの祈りとご支援に心より感謝申し上げます。イエス様は、私たちの思いをはるかに越えて働いておられることを実感しております。

  「祈りのセンター」が被災した地域の癒しと復興のために用いられるように、また魂の救いのために用いられる希望のセンターとなることを願っております。

『わが家は祈りの家ととなえらるべし』
         マタイ21章13節


●写真の上にカーソルを載せ、左クリックしますと、写真が拡大されます。
拡大写真の左上にある    を左クリックしますと、マウスホイールによる画像の拡大縮小ができます。

1.祈りのセンター設置工事1
2.祈りのセンター設置工事2
3.祈りのセンター設置工事3




4.祈りのセンター設置工事4
5.追悼記念集会 1
6.追悼記念集会 2
祈りのセンター設置工事4
追悼記念集会1
追悼記念集会2

7.祈りのセンター
8.追悼記念集会 3
祈りのセンター
追悼記念集会3